キムチ餃子のはなし。

漫画、海外ドラマ、映画、哲学など自分が楽しいと思ったことを共有するつまらないブログです。

ゲームオブスローンズ第1章みたはなし。

こんにちは!

 

今回はゲームオブスローンズ第1章をみたはなし。

 

ゲームオブスローンズは前々から気になっていたのですが、ワタシ自身大河ファンタジー物が得意でないこと、ヒーロー物が好きなこと、シーズンが多いことなどから敬遠していました。

 

そんな中、今現在見ているドラマが落ち着いてきたので、好評価な今作に手を出してみました。

 

 

ある海外ドラマ評論ブログによると、ウォーキングデッドは一番面白いが、ゲームオブスローンズを見るとウォーキングデッドの面白さが霞むとのこと。

 

ウォーキングデッドこそが神。神のドラマ。

 

とワタシは信じて疑わないので、先の評価に「んなわけないだろ!!!」と少し疑いながら見始めました。

 

そんなワタシが第1章をみた感想↓

 

耐える第1章。

 

とにかく耐える第1章でした。

まず登場人物が多いんです。そして何の説明もなく始まる物語。何かのついでに見ることはできず、作品に張り付いていないと内容が全く理解できません。裏を返して言うと否が応でも作品に没入できます笑

 

国が多い!!!!

 

これは当たり前なことなんですけれども国、登場人物、覚えなければならない設定、時代背景などがとにかく多いんですよね。

最初は苦しいが、覚えてくると国同士や個人単位での争い、陰謀などが考察でき、とにかく楽しいのではないでしょうか。

 

第1章はスターク家を中心に描かれているのですが、聞くところによると今作は主人公がいないらしい。ふむ。ではおちおち安心できないなということ。

 

 リアリティの追求!!!

 

時代柄もあり、残虐な描写や性描写を余すことなく描かれており、殺戮のシーンに目を背けそうになったり、おセッ○スのシーンにおかんが部屋に入ってきて気まずいなんてこともありました。。。。

まず日本じゃ作れないですね、こういうドラマは。

(このご時世色々煩いじゃないですか、それって長い目で見ると芸術の価値を下げて入ってるんですよね。。。うーんこの。。)

 

 

ってな感じでした!ハマるのはこれからかな?って感じ。第2章からはドラゴンなども登場し、よりファンタジー色が強くなっていき、登場人物達の動向も面白くなっていく模様。

 

1話1時間程で、10話で纏められているのでガチれば1日1章なんてこともできそうですな。。。