読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キムチ餃子のはなし。

漫画、海外ドラマ、映画、哲学など自分が楽しいと思ったことを共有するつまらないブログです。

ウォーキング・デッドseason7まで観たはなし。

こんにちは!

 

Huluに加入しているならと勧められたウォーキング・デッド。ワタシはヒーロー映画が好きなのでホラー・ヒューマンストーリーは好まないなと渋々見始めましたが、今では人生で最もハマった作品となりました。

 

※ちなみに今回の記事はネタバレがあるくせに、大した考察もなく文才もないただのファンの戯言なので時間が腐るほどある人や駄文を読むのが好きな方のみ閲覧ください。

 

面白いと感じた点はこんな感じ。

 

○登場人物全員が主人公であり、彼等は我々であるから。

物語自体の主人公はリック。その他の人物はその他として考えられてしまうが、当然リック以外にも各々平穏を壊され生き抜いてきたという過酷な人生があります。何気なしに始末したウォーカーでさえ、人間だったのです。

そして多種多様な登場人物の中に必ず自分みたいな奴や知り合いに似た奴が出てきて、「もし今の世界がゾンビパンデミックにより、作中のような世界になったら」を模擬体験してる感覚になります。ちなみにワタシはタイプでいうとシェーンなので、season2で脱落します。哀しき。

 

○いつ誰が脱落するかわからないスリル

ウォーキング・デッドを観る前に色んな人が口を揃えて言っていたのが「主要キャラでも死ぬ」でした。

本来ドラマというのは主要キャラで回すものなので死んでしまったらいけないのですが、ウォーキング・デッドはそんな甘い話ではない。そんな話を聞いていたワタシは1話で「あれ?リック死ぬんじゃね?これもしかしてリックが主人公なんじゃなくてこんなやつでも死んでしまうよ。という感じのアレか?」と思う程スリル満点でした。

いつ誰が死ぬかわからないからこそ、彼等に感情移入し応援したくなるものです。

 

○単純に観てる人が多い

これ意外と大事なんですよね。同じ作品が好きならばその話で盛り上がれるし、何話のあのシーン自分ならこうするだとか自分はこう思うなどの考察も楽しいです。

アメコミは好きでもアメコミ原作のドラマを観てる人ってあまりいないのかな?ワタシの周りにはいないです。でもウォーキング・デッドは観てる人が多い。ウォーキング・デッドの人気を実感します。(原作が元になっているということを知らない方も割と多い)

 

こんな感じです!season7まで来ると思い入れの強いキャラっているもんですね。ワタシが好きなのは彼。

シェーン

f:id:kimuchijiaozi:20161217205142j:image

シェーンは第1話からリックの親友として登場しており、リックのことを病院に匿ったりカールの世話をしたりキャンプの皆を守ったりなど最初は良い人でした。

しかし、リックが生きて帰ってきたことによってリックの妻及び不倫相手だったローリに疎まれ、season2の農場に行ってからは常に冷酷で正論を言う為周りのみんなから腫れ物扱いされていました。

この時ちょっと腹たってたんですよねー。

ローリの私は悪くない!と意地を張るスタイルや周りのみんなの平和ボケした考え方。少し冷酷だし過激ではあるがシェーンの考え方や行動はこの世界で生きていくには必要不可欠だし、実際seasonが進んでいくにつれて甘いことは言ってられない状況を理解している今では、シェーンの事も少しはわかっているのではないでしょうか。

シェーンいたらニーガンなんて余裕だと思うんだけどなぁ。。。買いかぶりすぎなのかな。。

 

あとは安定のダリル、リック、ジーザスが好きです。グレンもかなり思い入れの強いキャラでした。

 

season7の後半戦は2月からということで、この期間にファンができることはスピンオフを見る、原作を読むなど色々あるので待ち時間を感じることなく迎えられそうです。

 

楽しみだなぁ。。。