読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キムチ餃子のはなし。

漫画、海外ドラマ、映画、哲学など自分が楽しいと思ったことを共有するつまらないブログです。

攻殻機動隊を全く知らない奴がゴーストインザシェル見てきたはなし。

こんにちは!

 

今回は「ゴーストインザシェル」を観てきたおはなし。

 

ゴーストインザシェルとは?

『ゴースト・イン・ザ・シェル』(Ghost in the Shell)は、2017年のアメリカ合衆国SF映画士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』を原作とし、ルパート・サンダースが監督を務め、ジェイミー・モス(英語版)とウィリアム・ウィーラー、アーレン・クルーガーが脚本を手掛けている。アメリカでは3月31日[2]、日本では4月7日より公開された。

wikipediaより引用。

 

 

そうなんです。攻殻機動隊が原作となってまして、主人公の草薙素子役はあのスカーレットヨハンソン

荒巻という役で世界の北野武さんが出演してます。

 

攻殻機動隊を全く知らないワタシは今作のハリウッド実写化の盛り上がりに全くついていけず、尚且つこの手の作品って原作網羅してないと楽しめなかったり、近未来電脳世界物が好きでないと世界観に入り込めなかったりしそうだったので観に行くことはないだろうなぁと思っておりました。

 

しかし最近のワタシは一味違います!

ハリウッド映画のCGや映像編集、原作の実写化などに興味があるのでここはひとつ!勉強がてら観に行こう!とチケットを買いましたのです!

そのまま興味を持って原作にも手を出して見ようかなと思えれば御の字な感じで。

 

THE・感想。

 

とにかくかっこいい!映像技術とアクションがやはりハリウッドでした!

近未来世界の街中にある巨大CG広告がワタシの中では一番のツボでした。

f:id:kimuchijiaozi:20170416174003j:image

 

そして映画冒頭のシーンで芸者ロボットと呼ばれる芸者さんのロボットが戦闘シーンで四足歩行になるシーンも不気味で、かっこよくて、これぞ近未来SFだ!(SF全然わからない)とガッツポーズでした。

 

我らが北野武さんも圧巻の演技でしたよ!映画が終わると観客が皆「ヤクザにしか見えなかった」と仰ってました笑

 

あ、勿論スカーレットヨハンソンの感情を押し殺した演技と派手なアクションも素晴らしかったです。

 

 

まとめ!!!

今作の監督が原作やアニメ作品を網羅し元からのファンがガッカリしないような世界設定をしたということで、良くも悪くも原作を知らない人は半分も楽しめないんじゃないかなーという印象でした。

逆に日本制作の原作実写化映画が、原作を知らない人が観ても楽しめるから、原作ファンがガッカリするのうな内容になるのと同じで、物語、世界観、キャラクターが昔から愛されている作品を皆が満足するようにつくるのは難しいんだなぁと改めて実感しました。

 

原作を知らないワタシが悪い!俺はファンになるぞジョジョー!

(ジョジョ実写化には全く期待していません)

攻殻機動隊 DVD BOOK by押井守 GHOST IN THE SHELL (講談社キャラクターズA)

[まとめ買い] 攻殻機動隊(ヤングマガジンコミックス)

 

昼間から優雅にワイン?のはなし。

こんにちは!

 

月曜から今週がスタートし週の初めで憂鬱な人も多いのではないでしょうか。

 

ワタシは現在表参道で働いており、昼食の時間外に出ると平日にも関わらずカフェのテラスで寛いでいる外人さんやなんだかオシャレな人、昼間からワインなんか飲んじゃってるおば様など優雅な方々を見かけるのですが、いつもワタシはこう思うんです。

 

羨ましい!!!!!!!!!!

 

 

こちとら朝早くから働いてるのにプンプン!

なにが羨ましいって昼からワインを飲んでることでもコーヒーを飲んでることでもないんです。

 

その人達には余裕がありました。

 

そう、人生を楽しむ余裕があったんです。

人生を楽しむには辛いこともつまらないこともしなくてはいけないと思ってたんです。その為に働いてました。嫌だなーなんて思ったりして。でもさ、明日死ぬかもよ?我慢して我慢していつかくる優雅な日々に備えて、そのまま死んじゃったら元も子もなくない?

 

今朝も人身事故で電車の遅延が有りましたが、思い返せば毎日のようにある。

 

多分日々に絶望して飛び込んだんでしょう。

 

それは恐らく仕事やストレスからくるもので、日々を彩るために働いてるのにそれに追い込まれて人生を終えたら意味ないんですよね。

 

少し話はそれましたが、日本人はもう少し余裕もっていいと思うんですよね。

 

なんか真面目そうな人ほど辛そうな顔してる。

私も然り。もっと余裕もって日々を過ごしたい。

 

報われないぜ。俺も優雅に生きるぞ!

 

アメコミが好きな単純な理由のはなし。

こんにちは!

 

このブログでよく感想を書いているようにワタシはアメコミが好きです。

去年の夏にX-MENを見てからというもの虜になり、ドラマシリーズにとどまらず翻訳本を買うまでハマりました。

 

なぜこんなに好きか考えてみたのですが、ヒーロー達のかっこよさ、脚本の素晴らしさ、ファッション性など数え切れないほど出てくるのですがバシッとくる理由が見つかりました。それは

 

努力しておっぱいを触っているからです!!!!!!!!!!!!!!

 

 

何を言ってるんだ貴様?と思うでしょうが、言葉の通りでございます。

草食系男子なんて言葉も久しいですが、昨今の漫画の主人公のナヨナヨ化に伴い女子キャラの肉食化、そして最も罪なのはハーレム&ラッキースケベです!!!

 

極端なことを言ってしまえば階段から落ちるだけでおっぱいを触れてしまう。

何故か何かの衝撃で女の子を押し倒してしまい、おっぱいを触る。そしてワナワナして顔を赤らめるといった始末。

 

 

けしからーーーーーーーん!怒

 

 アメコミヒーローは能力を得たことにより、社会生活をうまくいきていけるかという不安。家族や恋人、友人と今まで通りの関係を続けていけないかもしれない、自分の存在のせいでその人たちを危険に晒してしまうのではないかという恐怖。悪と戦っていく勇気など様々な困難と戦って最後に愛する者のおっぱいを触れるんです。

 

努力して苦しんで戦ってそして勝ち取ってるのです。

 

そこがいいんです。

 

まぁ極端な話をしたんですけども、ハーレム漫画を読んで羨ましいぜ。。と悦に浸ってる場合ではなく、努力してあの子のおっぱいを勝ち取ろうぜ!!!

 

というくだはないはなしでした。合掌。

 

 

村本論読んだはなし。

こんにちは!

 

今回はお笑い芸人の村本大輔さんの著書「村本論」を読んだおはなしです。

 

村本大輔さんといえばお笑いコンビウーマンラッシュアワーのボケ担当でゲスや毒のあるトーク、ネガティヴで卑屈で臆病な自分を笑いに変える芸人さんです。

 

ワタシもネガティヴで妬み嫉みをエネルギーに変えるタイプの人間なので村本さんのことが大好きでオールナイトニッポンを聴いたりTweetを見て共感したり笑ったりしていました。

 

本書の副題が妬み恨みを強みに変える、ネガポジ365日でして、沢山のネガポジ迷言?がインタビューとTweet形式で語られています。

 

ワタシが好きな迷言、そして今後このストレス社会、不安定な社会を生きていくための指針となるような強さを感じる迷言を紹介したいと思います。

 

生きるって、本当はつらいんです。つらくて、クサくて、ネガティブなこおから学んで、はい上がるのが人生やないですか。

 

人の人生に干渉してるひまがあれば、自分の人生に時間を使いたい。

 

同じ時間の使い方でも好きな人に好きって伝える人は幸せだと思うけど、嫌いな人に嫌いをわざわざ伝えに来る人はずっと不幸なんだろうな。可哀想。

 

萎縮しそうな相手に対して、自分が勝ってるところを探し出す。

 

目の前のことをしっかりやっていれば、チャンスはおのずと訪れる。そのとき、やるか・やらないかで迷ったら、やるほうを選べばいい。

 

おならと恋は一緒。我慢すればするほどどんどん大きくなり苦しくなる。常に出しなさい。

 

人の期待なんて背負う必要なし。なぜなら自分が人生かけてしてることだからすべて自分の責任。だから好きなようにやる。

 

なんかカッコいいですよね。村本さん中卒なんですけど言葉が上手いんですよね!比喩表現とか例えとか。能力や収入に学歴は関係ないんだなぁと。それと同時に努力しないと凡人は天才に嚙みつけないことを体現しています。

 

そして村本さんの最大の好きなポイントは仕事が大好きで仕事を楽しんでいるところ。

 

誇りをもって人生をかけてお笑いをしているので熱量を感じます。

 

ワタシも努力して好きなことをお金にできるように頑張らねばと思いました。

 

明日から月曜日、仕事頑張りましょう!

村本論: 妬み恨みを強みに変える、ネガポジ365日

 

marvel展行ってきたはなし。

こんにちは!

 

今回はmarvel展に行ってきたおはなし!

 

今年はアメコミイヤーということでアメコミ映画の公開が待ち遠しい限りですが、その中でもローガンスパイダーマンガーディアンズオブギャラクシーがmarvelスタジオから公開されます!

 

そしてそのmarvelは昨日4月7日から六本木展望台でmarvel展なるものを開催しているのです!

 

写真とレビュー。

 

まずは六本木駅構内のパネル。大きい。かっこあああああ持って帰りたい!!!

f:id:kimuchijiaozi:20170408191539j:image

 

そして六本木ヒルズ前に来るとmarvelの服装をしている方やグッズを持っている方、楽しかったねぇなんて語りながら歩くファンの方。

街にいるだけでワクワクします!

 

券を購入し中に入るとまずは巨大アイアンマン。

f:id:kimuchijiaozi:20170408191717j:image

 

そしてその先にはmarveコミックスの歴史、スタンリー様のフィギュアや紹介などから始まり、銀河を守るストレンジやソー、ガーディアンズオブギャラクシーの面々の紹介と実際に使用された衣装の展示がありました。

 

次に世界を守るアベンジャーズ達のコーナー。これまた衣装の展示や特別ムービーの公開など。

 

そして次のコーナーは街を守るスパイダーマンを始めデアデビルなどのコーナー。

スパイダーマンはホームカミングが公開されるということでムービーや撮影で使用した小道具の展示など大々的に扱われていました。

 

そして最後に日本の漫画家さん達のアメコミイラストの展示コーナー村田雄介先生やドロヘドロ林田球先生のイラストなどが飾ってあり漫画好きのワタシはテンションマックスでした。

 

そのほかにもコンセプトアートやフィギュアがあちこちにおいてあり一つのコーナーを巡るのにも大変なくらい所狭しとmarvelずくしでした。

 

ちなみに歴代アイアンマンも。

f:id:kimuchijiaozi:20170409010938j:image

 

そして忘れてはいけないのがX-MENです。コーナーこそ狭かったのですが、ちゃんと扱われてて安心しました笑

 

 

カフェではmarvel限定メニューがあり、これはマイティソーバーガー。ムジョルニアが乗ってます。

f:id:kimuchijiaozi:20170409011028j:image

 

f:id:kimuchijiaozi:20170409011133j:image

 

これはガーディアンズオブギャラクシーのカレー。ごぼうフライはグルートをモチーフにしているそうです。

 

他にも様々なメニューがたくさんあったのでmarvel展に行った方は是非お腹を空かせてお財布の紐も緩めて行ってください!

 

 

 

あと2回いこう。。。。。

f:id:kimuchijiaozi:20170409011321j:image

 

若いうちは好きにする?それとも?というはなし。

※思いついたものをバァーッと書いたので後で直します。

 

こんにちは!

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

新生活をワクワク充実させたものにしているか、はたまたそうでないか。

そうでない方は疲れや不安、悩みがたまって行く一方なのではないでしょうか。

 

でも今頑張らないと将来不安だし。かといって若いうちは楽しんでおきたいし。

 

どちらにウェイトを置くかって難しいですよね。ワタシもこの件に関しては常に悩みどころであります。

 

そこで小噺をひとつ。これをみてあなたの生活の何かのヒントになればさいわいです。

 

 

あなたは死刑囚です。

 

いつ死刑執行になるかはわかりません。

 

暗い狭い汚い希望がない監獄の中で、支給された大きな大きなオニギリを見つめています。

 

「お腹空いたなぁ、、、今沢山食べたら後でお腹が空くかもしれない。かといって我慢してたら食べないうちに明日死刑執行になるかもしれない、、、どうしよう、、」

 

こうしている間にも時間は刻一刻と進んでいき、結果的に死ぬとしても今の行動次第で欲を充たせる。

 

さぁ、あなたならどうしますか?食べる?我慢する?それとも現状を憂いて執行の日を待つ?

 

 

 

 

ここでワタシがいいたいのは、人生は結局自分次第だということ。人は必ず死にます。

楽しんでも苦しんでも幸せでも不幸でも死にます。

そのラストに向けてどう過ごすか。

自分自身の行動は大きな大きな選択ですが、他人からしたらどうでもいいことなのです。

 

好きなことをして後悔するかもしれない。

夢や趣味に折り合いをつけて働いて後悔をするかもしれない。

全ての行動は自分次第なのです。

 

先ほどのはなしの通りどっちを取るのが幸せかは誰にもわかりませんが、有限の人生をどっちにするかは自分が決めること。

 

後悔なく失敗なく生きるのはほぼ無理に等しいですが、良くも悪くも自分次第で楽しさ(欲求)のコントロールはできるみたい。

 

さぁ、どう生きましょうか。あなた次第です。

お前が頑張れと思ったそこのあなた。その通りです。ワタシも頑張ります!

 

就職は40年間の懲役?というはなし。

こんにちは!

 

今回は就職は懲役40年間なの?というおはなし。

 

日本でよく聞く「社畜」「奴隷根性」「就職は懲役」などというはたらくことに対してのネガティヴな意見。

 

ほんと悲しいですよね、生活するために働くのにその労働がこんな言葉で比喩されちゃう今の世の中。

 

仕方ないんですけどもね。労働環境の悪さ、休みお金のなさ、老人の為に消耗する若者。その若者が自殺していく一方老人の寿命は伸び、いま話題の車での殺傷事故。

 

皮肉なもんですね。若者も老人も大事なのですが、現在は片方が減り片方が増えてる状態。

 

そんなこんなで労働者たちは頑張っても頑張っても報われないから懲役と自嘲するんですな。

 

奨学金とかまぁ色々人それぞれありますし、生きているだけでお金がかかる難しい人生ですけどもきつかったら辞めればいいと思うんです。死んだように生きることって死ぬことよりもダメなことだと思うんです。

 

せっかくの人生、毎日楽しみたいじゃないですか。好きなことしたいじゃないですか。そのための労働なんだから嫌な気持ちで働くのも勿体無いですよね!お金のために働く。追い込まれたら辞めちゃえばいいんです!

我慢我慢で明日死んだら我慢した分勿体無いですからね!

 

ただここで大事なのは楽をするのではないということ。

楽しむのが大事なんです。

 

先行きが不安だからこそできることが増えたっていうこと。

パンドラの箱の中身が世の中に蔓延してるこの時代。希望を指くわえて見てるのではなく、自分で希望の人生を生きれるようにしたいものですね!

 

 

思いついたものを書き連ねたので、乱文失礼いたしました。